女性に嬉しい豊胸の施術|トラブルが隠し切れないなら美容外科で対処を

トラブルが隠し切れないなら美容外科で対処を

女性に嬉しい豊胸の施術

女性

脂肪を長く定着できる

女性なら誰もが、胸に対してコンプレックスを抱えているものです。例えば、胸が垂れている、大きすぎる、ハリがないなどです。その中でも最も多くの方が抱える悩みが、胸が小さいと言うものです。近年、名古屋の美容外科などでヒアルロン酸注入など色々な豊胸方法があります。中でも一番需要を集めているのが、コンデンスリッチ豊胸と呼ばれるものです。これは、簡単に言うと、太ももの内側から吸引した脂肪を胸に注入する豊胸術です。コンデンスリッチ豊胸が優れているのは、とても脂肪の定着率が高い事です。従来の脂肪注入による豊胸施術では、施術から3年が経過すると元の胸に戻ってしまいました。ヒアルロン酸による注入でも、数年かけてヒアルロン酸が体に吸収されていきます。なので、同じように数年経つと施術前のバストに戻ってしまいます。一方のコンデンスリッチ豊胸では、吸引した脂肪をきちんと遠心分離機にかけていきます。そうすることで、脂肪内の不純物をきれいに除去する事ができます。純度の高い脂肪を注入するので、他の豊胸法に比べて定着率が格段にアップするのです。バストに定着した脂肪は、半永久的に定着し続けると言われています。自身の脂肪を入れるので安全性も高く、名古屋の美容外科では豊胸に欠かせない施術です。

術後のダウンタイム

コンデンスリッチ豊胸は、自身の脂肪を使って胸を大きくする施術です。副作用などの心配もなく、安全性が高いので、名古屋の美容外科では大人気です。ただ施術後は、いくつかのダウンタイムが伴います。脂肪を注入したバストについては、少し張りを感じるだけで、ダウンタイムはほぼないです。ただ脂肪を吸引した太ももについては、腫れ、痛みなどのダウンタイムがあります。特に施術後、最初の一週間は、痛みが強いので歩く際に少し苦労します。また、しゃがむ時に太ももに刺激が加わりやすく、動き難く感じることもあります。それと、脂肪吸引した箇所は術後はかなりむくみを伴います。むくみは時間が経つにつれて、段々と下がっていく傾向にあります。なので、太もものみ脂肪吸引をしても、ふくらはぎも大きくむくんでしまうのです。したがって、むくみを隠すために、術後はスカートなど脚全体が隠れる服装を着ると良いです。このようなダウンタイムを短くするために、ガードルで患部を圧迫する事をお勧めします。ガードルをする事で、血液の流れが良くなり、回復が早まるからです。名古屋の美容外科では、少なからずダウンタイムが伴います。なので、仕事などの都合を考慮して受けるタイミングを決めるべきです。