胸を大きくする施術|トラブルが隠し切れないなら美容外科で対処を

トラブルが隠し切れないなら美容外科で対処を

胸を大きくする施術

医者

ヒアルロン酸による注入

女性の誰もが、きれいで大きな胸が欲しいと切望しているものです。胸が大きいだけで、水着を着たときにとてもスタイルがよく見えるからです。また、女性としての自分に自信をもつ事ができます。ただ日本人の多くの女性は、胸にコンプレックスを抱いています。そんな悩みを解消するために、名古屋の美容外科には数多くの豊胸施術があります。その中で最も体に負担がないとして認知されているのが、ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸注入とは、バストにヒアルロン酸を注入することでバストアップできる施術です。また、バストの形を整える、ハリを維持する効果もあります。注入する方法は、アンダーバストに2箇所針で穴をあけてから注入します。針で開けた傷口は、施術後にきちんと医療用ボンドでくっつけます。そのため、痛みが伴う抜糸の必要はないです。ヒアルロン酸注入は、シリコン挿入などの他の施術に比べ、圧倒的にダウンタイムがないです。例えば、施術後の腫れや内出血、痛みがとても少ないです。そのため、仕事をしている方は、連休がとれなくても施術をすることが可能です。名古屋の美容外科での施術直後に普通に働いている人は多いということです。ヒアルロン酸注入は永続的なものでないので、束の間、胸を大きくしたい女性にお勧めです。

施術後の過ごし方のコツ

ヒアルロン酸注入は、バストに穴を開けてヒアルロン酸を注入する施術です。他の豊胸方法に比べて、体への負担が少ないです。術後はすぐに動けるので、名古屋の美容外科で治療の相談をする人は多いです。ただ1つ気をつけなければいけない事は、ダウンタイムの際の過ごし方です。術後には、患部に軽い鈍痛や鈍い感覚がおよそ1週間から2週間ほど続きます。また、患部の腫れや内出血が一週間くらい続く事もあります。そのどれもが軽度のものなので、普通に仕事や家事に勤しむことができます。しかし、患部が気になるからといって、無闇に触ると症状が余計に悪化します。なので、なるべく触らずに刺激を加えないことが大事です。それと、名古屋の美容外科での施術後は、麻酔液の影響で胸が想像以上に大きくなります。なので、手術後には胸を締め付けるブラジャーの着用を控えたほうが良いです。なるべくゆとりのある服を用意しておいたほうが良いです。最後のダウンタイムの注意点は、施術の当日は熱い湯での入浴、アルコールは控えるべきです。それと、激しい運動もやめておいたほうが良いです。これらの行為は体中の血行を良くするので、患部に激しい痛みを伴います。患部を良好に保つためにも、静かに過ごす事が大事です。