老化の症状を改善できる|トラブルが隠し切れないなら美容外科で対処を

トラブルが隠し切れないなら美容外科で対処を

老化の症状を改善できる

レディ

炭酸ガスを注射する治療

美容技術の高まりとともに、数多くのアンチエイジング治療が美容外科で行われています。その中でも、年配の女性を中心に注目されているのが名古屋の美容外科の炭酸注射です。炭酸注射とは、その名の通り、老化が気になる部位に二酸化炭素ガスを注射する治療です。この治療は、元々はリウマチ治療や動脈硬化の改善が目的で活用されていました。美容効果があると判明したのは、ごく最近の事です。炭酸注射が美容効果をもたらす仕組みは、肌の真皮層でコラーゲンの再生を促すからです。皮膚に二酸化炭素ガスを注入すると、まず皮膚の表皮と真皮の間にすき間を作れます。 その結果、皮膚内のすき間を埋めようとコラーゲンがどんどん再生されていくのです。コラーゲンには肌のハリを保つ作用があるので、老化で疲れた肌が元気になります。それと、二酸化炭素ガスを注入した部分に集中して血流が集まるようになります。血行が良くなることから、肌の新陳代謝を高めることに繋がります。したがって、シミやニキビ痕などの肌トラブルを解消する効果が期待できるのです。名古屋の美容外科では、10分くらいと短時間で施術を行ってくれます。手短に施術が終わるので、仕事帰りなどに気軽に受ける女性が多いです。

施術に伴うダウンタイム

炭酸注射は、老化が気になる部位に二酸化炭素ガスを注入する事で若返りを図れます。注射を打つだけなので、メスを入れる治療に比較して、体や精神的な負担はないです。ただし炭酸注射は、施術をしてからすぐに効果のある即効性のある治療ではないです。確実に美容効果を得るには、週1、2回のペースで4回受け続ける必要があります。なので、名古屋の美容外科には炭酸注射のために多くの女性が通っています。炭酸注射を受ける際に注意しなければいけない事は、ダウンタイムについてです。顔へ注射を打つので、個人差はありますが、赤み、内出血などのダウンタイムがあります。また、体質によっては、腫れや痛みが強く生じることもあります。そのため、名古屋の美容外科での施術後は外出できなくなるケースもあるのです。したがって、赤みや腫れが出ても支障がないように、施術日を設定したほうが良いです。仕事や学校に通っている場合は、土曜日と日曜日の連休前に施術を行う事をお勧めします。それと、ダウンタイム期間中は、肌の状態が弱くなっています。やたらと触ると、乾燥、腫れなどのトラブルが起こりやすいです。なので、洗顔やメイクの際に強い刺激を与えないように気を付けることも大事です。